レビトラとバリフの違い
レビトラとバリフの違い

正規品のレビトラとそのジェネリックのバリフの違いはある?


レビトラとバリフ

レビトラとバリフの違いですが、レビトラが最初に開発された先発医薬品、そしてバリフがその先発医薬品の特許が切れた後に開発された後発医薬品、通称ジェネリック医薬品です。

最近はジェネリック医薬品というのもテレビなどでかなり取り上げられるようになってきましたから、この説明でだいたい分かるという人も多いでしょうが、一応、もう少し詳しく説明しておきましょう。

薬というのは一人の人の思いつきでぱっと出来上がるわけでは決してありません。

薬の候補となる物質を見つけてから、実験室レベルでの研究、動物実験、さらにはヒトを対象として行う臨床試験を経ていきます。

間違いなくこの候補物質は効き目があって副作用も問題ないレベルだと分かって実際に薬として承認され発売されるまでには長い年月と多額の費用がかかります。

もちろん物にもよるわけですが、10年前後の年月と、100億円単位のお金がかかるのが当然と言われています。

これだけ苦労して作った薬ですが、実は薬の有効成分そのものは、化学的にみれば、その道の専門知識としかるべき設備さえあれば、同じものを作り上げるのはさして困難なことではありません。

誰かが真似しようと思えば簡単にできてしまうということです。もちろんそこには10年の年月も100億のお金も全くかかりません。

もし有効成分を勝手に真似されて他の会社が発売してしまうようなことになると、最初に苦労して作った会社は大打撃です。ですから、世界中のどんな国であっても、勝手に真似するのはご法度です。

特許により守られ、特許を出した会社が独占的に製造、販売する権利を得られ、それだけ大きな利益を上げることができますが、それは最初の開発費用の回収という意味も含まれているということでもあります。

さて、このような特許ですが、いつまでも続くものではありません。あまりにも長期間特許でもってその会社を保護することはまた社会正義に反すると世界的に考えられているからです。

ある程度の期間、例えば15年というような期間が経過すれば特許で守られる期間は終わり、それなりの技術と設備を持った会社であれば誰でも自由に同じ成分の薬を作って売り出すことが認められています。

これが後発医薬品でありジェネリック医薬品と呼ばれるものです。バリフはそういうタイプの薬です。ジェネリック医薬品は、開発段階で初期費用がほとんどかかっていません。

そのために開発費用の回収として高い値段を付ける必要もなく、価格が安いのが特徴です。

>ホームへ