早漏改善のレビトラジェネリック
早漏改善のレビトラジェネリック

早漏改善効果があるレビトラジェネリックが存在している?


早漏改善効果を持つレビトラジェネリック

日本では、EDと呼ばれる勃起不全や早漏症に悩む男性患者が増えています。ただ、勃起不全も早漏症も、優れた治療薬が登場しているため、症状が改善する人も少なくありません。

人間は、加齢によって体の機能が衰えていきます。男性機能も、年齢を重ねると徐々に衰えていくのは自然なことです。

しかし、最近は、若い人でも勃起不全を発症する人が増えているのです。若い人が発症する勃起不全は、ストレスなどが原因の心因性の勃起不全が多いです。

中高年男性の場合は、糖尿病や高血圧症など、生活習慣病が原因で勃起不全を発症するケースが多くなっています。特に糖尿病は、勃起不全を合併しやすいため注意が必要なのです。早漏症の原因は、未だに解明されていません。

昔は、早漏症の治療薬がなく、困っている人が多かったのですが、現在は早漏症の治療薬が開発されています。勃起不全を発症している人は、同時に早漏症にも悩んでいるケースが少なくないのです。

勃起不全と早漏症の症状に悩む男性の間で話題となっているのが、勃起不全と早漏症の両方の改善効果が期待できる治療薬です。

勃起不全の治療薬として有名なレビトラの有効成分であるバルデナフィルと、早漏症の治療薬の有効成分であるダポキセチン配合のハイブリッド薬は、日本でも大きな注目を集めているのです。

バルデナフィルは、PDE5と呼ばれる酵素を阻害して、勃起を助けます。服用してから効果が出るまでの時間が短いため、世界中で評価が高く、日本でも人気があります。

ダポキセチンは、SSRIに分類される薬剤で、ノルアドレナリンの働きを抑える作用があります。脳内の神経伝達物質であるセロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンの働きを抑えます。

ノルアドレナリンは、射精に関係する物質で、ノルアドレナリンが増えることで射精に至ります。

ダポキセチンは、他のSSRIに比べると、ノルアドレナリンの増加を抑える作用があるため、早漏の防止薬として認められるようになったのです。

他のSSRIには、ダポキセチンのような早漏の症状を改善する効果はなく、服用しても射精を遅らせることはできないのです。ハイブリッド薬には、1錠にバルデナフィルが20mgとダポキセチンが60mg含まれています。

服用のタイミングは、行為の1時間前から3時間前が目安です。ハイブリッド薬は、勃起不全に対しては、5時間から10時間くらい持続し、早漏症に対しては、3時間から5時間くらい持続すると考えられています。

>ホームへ