ゼビトラソフトは副作用がソフト?
ゼビトラソフトは副作用がソフト?

レビトラジェネリックのゼビトラソフトは副作用がソフト?


ゼビトラソフトの副作用

ゼビトラソフトとはED治療薬の一つで、日本国内でも承認薬になっているレビトラのジェネリック医薬品です。

レビトラはドイツの製薬メーカーが開発を行ったED治療薬で、これの後発医薬品でもあるゼビトラソフトはレビトラの効能を引き継いでいる医薬品と言っても過言ではありません。

ちなみに、ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも値段が安いなどの特徴を持ちますが、医薬品には成分特許があり、この特許が切れていない場合、添加物を加えるなどが必要であり、同じ工程で製造する事が出来ません。

それ故に、多少なりの効能が異なるケースもあると言われているのです。

尚、レビトラは水溶性の有効成分が特徴のED治療薬であり、水に溶けやすいので即効性を期待する人にはお勧めの医薬品と言えましょう。

この特長を引き継いでいる事からも、ゼビトラソフトは空腹時に服用すれば20分程度の時間で作用効果を期待出来る、アルコールや食事の影響を受け難いなどの特徴もあります。

但し、アルコールは摂取量が多くなるとEDに対する作用効果が弱まるので飲み過ぎには注意をしなければなりませんし、食事についてもカロリー量が高いものを避ける、腹八分目以下に抑えるなどが薬の効果を十分に発揮させるコツでもあるのです。

薬には何らかの副作用がありますが、鼻づまり、顔のほてりや目の充血、頭痛や動悸などの副作用が大半の人に現れると言われていますが、バイアグラなどのED治療薬と比較した場合、副作用がソフトな医薬品とも言われていますし、ゼビトラソフトについても他のジェネリックに比べて副作用がソフトなED治療薬です。

ちなみに、ED治療薬は血管拡張作用を持つのが特徴です。EDは十分な勃起状態にならない症状であり、十分な勃起を作り出せない理由は陰茎海綿体に多くの血液を流す事が出来ない、流し込めたとしても血流が逃げてしまい、元の状態に戻るからなのです。

ED治療薬は血管を広げて血流を高め、陰茎海綿体に多くの血液を溜めこむ作用を持つため、勃起状態を作り出し、性行為を可能にするなどの特徴があります。

また、ED治療薬を服用すると勃起状態になるなどのイメージを持つ人が多いのですが、血流を高める仕組みの一つとして性的興奮があります。

脳が性的興奮を受けると、神経を通じて血流を高める指令を送り出し、血液が陰茎海綿体に流れ込む事で勃起状態になるのです。そのため、ED治療薬を服用しても勃起する事はなく、性的な興奮が必要です。

>ホームへ