レビトラジェネリックのブリトラ
レビトラジェネリックのブリトラ

レビトラのジェネリック、ブリトラ(ビリトラ)の詳細や特徴


ブリトラの詳細

EDと呼ばれることも多くなった勃起不全は、日本にも多くの患者がいます。勃起不全の治療薬として人気が高い治療薬が、レビトラです。

ドイツの大手製薬会社が製造した治療薬で、日本では2004年4月に販売が許可されています。そして、同年の6月に販売が開始されています。

有効成分は、バルデナフィルで、水に溶けやすい性質があります。そのため、最高血中濃度に達する時間も短く、ED治療薬の中でも最も早いのです。

勃起は、性的な刺激を受けることで一酸化窒素が放出され、血管が拡張することで起こります。

レビトラは、PDE5という酵素を阻害することで、勃起を助けます。そのため、PDE5阻害薬と呼ばれています。

レビトラは、性的な刺激を受けて勃起した時に、その状態を補助する薬であり、勃起させる薬ではありません。

日本でも評価が高いレビトラですが、長期間の治療を行う場合、経済的な負担がかかる人も少なくありません。そのため、最近は、ジェネリック医薬品の人気が高まっています。レビトラのジェネリック医薬品として話題となっているのがブリトラです。

ジェネリック医薬品は、効果は同じなのに価格が安いため、日本でも利用者が増えています。

ブリトラは、1日1錠を性行為の30分前に服用します。空腹時にブリトラを服用すると、約20分ほどで効果が現れると考えられています。

持続時間は、約5時間から9時間くらいです。次に服用するまで、24時間の間隔をあける必要があります。

服用してから、効果が出るまでの時間が短く、長期の服用でも安定した効果を得られるのがブリトラの大きな特徴です。また、食事の影響も受けにくく、好きなタイミングで服用することが可能です。

症状により服用する量は異なるので、使用量については医師の指示に従って服用することが大事です。

心臓病などの持病がある場合は、医師に報告しておいた方がいいです。重い心臓病を患っている人は、使用することができません。

また、心不全や狭心症の治療に使われている硝酸薬は、併用できません。併用すると、急に血圧が下がることがあるため、とても危険です。

HIV治療薬や抗真菌薬を服用している人に対していも処方はできないので注意が必要です。

副作用は少ない薬ですが、頭痛やほてり、動悸、めまいなどの症状が出ることがあります。

ブリトラを服用して、体に異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して病院へ行き、医師の診察を受けた方が安心です。

>ホームへ